2020年07月29日

令和2年夏越大祓式について

今年の夏越大祓式について、あらためてご案内いたします。
例年は7月31日に神事を斎行し、夕方からはお神楽を奉納いただいております。
氏子の皆様には当日(多くの方は夕方から夜)にお参りいただいております。

しかしながら今年は新型コロナウイルス感染症が流行し、いわゆる「三密」を避けるよう呼びかけられております。
そのため氏子総代の皆さんに参列いただいての神事は例年通り斎行いたしますが、お神楽の奉納は残念ながらありません。

今年は早めに茅の輪を奉製していただきました。
DSC03666.JPG
8月6日ごろまで設置しておりますので、ご都合の良い日にお参りください。

氏子地域の各戸には氏子総代の方を通じて人形(ひとがた)をお配りしております。
DSC03520.JPG
男女別に名前を書き身体を撫でて、日頃知らず知らずのうちについた罪穢れを人形(ひとがた)にうつし初穂料(お気持ち)とともに社殿左の授与所か社務所にお納めください。
人形(ひとがた)は後日、大祓詞を奏上しお清めしたうえでお焚き上げいたします。

7月31日は20時半ごろまでお参りいただけます。
他の日は19時半ごろまでお参りいただけます。

どうぞご理解いただきますようお願いいたします。

昨日は大雨警報が出て、多量の雨が降りましたが被害はありませんでした。
DSC03677.JPG

手水舎に竹を設置しました。
DSC03675.JPG
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため柄杓を撤去しております。
少しでも手水が取り易くなればと思います。
手水を取らず心の中で清めてからお参りいただいてもかまいません。

新規感染者が増えています。
それぞれ感染防止対策をお願いいたします。
posted by 神明社 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 新着案内
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187752257

この記事へのトラックバック