2020年07月26日

茅の輪つくり

朝から曇り空でしたが雨は時折弱く降った白石です。
DSC03671.JPG

DSC03672.JPG

今日は氏子総代有志とお世話いただく方にお越しいただき、夏越の大祓式の茅の輪を奉製していただきました。
DSC03645.JPG
準備しておいた芯となる竹に、
DSC03644.JPG
茅を縄のように綯って巻き付けていきます。
DSC03646.JPG

DSC03650.JPG

DSC03660.JPG
社殿前に設置までできました。

DSC03665.JPG
ご奉仕いただいた方々に最初にまわり(くぐり)初めをしていただきました(^^)

早めに茅の輪を設置することができました。
今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため密にならないよう、7月31日に限らずご都合の良いときにお参りいただければと思います。
8月6日ごろまで茅の輪は設置しております。
人形(ひとがた)は初穂料とともに社殿左の授与所か社務所にお持ちください。
DSC03520.JPG
神札(おふだ)をお頒ちいたします。

今日は大安の日曜日ということで事前にご予約をいただいた方はご祈祷のご奉仕をさせていただきましたが…以後、ご予約はなかったので私も茅の輪つくりにために着替えたばかりのところに、ご予約なしでのご祈祷の方が…。
ご奉仕がかなわず、大変申し訳ありませんでした。
大きな神社は神職が何人かいるので作業する方とご祈祷の待機している方がいますが、当社のような神社は一人の神職が何もかもをしなくてはなりません。
出来ることなら前日までにお電話にてご予約をいただいていれば、前後の予定を考慮しつつその時間には袴をつけてお待ちしております。
お電話をいただいても、「今日これから」という場合はご奉仕が難しいこともあります。
ご理解をいただきますようお願いいたします。
posted by 神明社 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187738613

この記事へのトラックバック