2017年09月19日

お伊勢参り

朝から爽やかな天気の白石です。
DSC04458.JPG

DSC04460.JPG
台風の被害もなかったようで、何よりでした。

その台風が接近していたこの週末、日ごろからお世話になっている方々とお伊勢参りに行ってきました。
(引率みたいな感じです^^;)
皆さんそれぞれの会社の第一線で働いていますので週末・祝日のほうが都合よく、私としても先負・仏滅とご祈願にいらっしゃる方も少ない連休と判断しての強行軍、1年に3度訪れたりほとんど毎年お参りしていたのですが今回は3年半ぶりでした。
DSC_1664.JPG
はじめに外宮へ。
台風接近により…雨でした。

御垣内参拝(普通では入ることができない垣の内側での参拝)をさせていただきました。
DSC_1665.JPG
御正宮の前は撮影できませんので、古殿地(新御敷地)です。

DSC_1666.JPG
せんぐう館を見学して、勾玉池です。

続いて内宮へ。
DSC_1667.JPG
このような天候でも多くの方が参拝に訪れています。

DSC_1668.JPG
宇治橋を渡り御正宮へ。

DSC_1670.JPG
撮影ができるのは階段の下までです。
内宮も御垣内参拝をさせていただきました。

御垣内参拝は本当に特別なお参りですが誰でも可能です。
式年遷宮に浄財を納められた方、また伊勢神宮崇敬会の会員(年会費が3,000円、5,000円、10,000円と区分があります)になると参宮章がいただけます。
基本的に参宮章に名前がある方のみなので、今回は行く人全員に伊勢神宮崇敬会の会員になってもらいました。
特に予約の必要はなく、その参宮章を外玉垣南御門(一般の方が参拝されている白い幕のある門)の左側の宿衛屋の神職さんに提示して御垣内参拝をお願いすると案内していただけます。
(祭典が優先なので重なると断られることもあります)
ただ神様の大前に進むので服装に決まりがあります。
男性は背広にネクタイ、女性はそれに準ずる服装以上でないと絶対に入れていただけません。
夏だからクールビズ…なんていうことは理由になりません。
ネクタイや上着を忘れて入れていただけなかった方を見たことがあります。
私たちの前の方は紋付き袴の男性と着物の女性の方でした。
紋付き袴は正装の最上位、いつかはその姿で参拝したいものです。

この日は「神宮大麻頒布始祭」が斎行されており、各都道府県代表の神職さんが集まっていらっしゃいました^^;
来年は白石市刈田郡支部が宮城県の担当なので、この時期にまた伺うことになりそうです。

御神楽を奉納し、おかげ横丁に向かうと、
DSC_1678.JPG
雨があがっていましたね。

台風の影響もありましたが、有意義な参宮になりました。
posted by 神明社 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181038493

この記事へのトラックバック