2017年01月18日

繁忙期もひと段落です

青空の白石です。
DSC02902.JPG

DSC02903.JPG

DSC02904.JPG
寒さはこの時期らしいですけど、お日様が日に日に高くなっていくのがわかります。
冬至のころは天守に隠れていました。

どんと祭も終わり、年末年始の繁忙期もひと段落です。
DSC02905.JPG
防風のための囲いも取り除かれ、お焚き上げ後の灰もきれいにしていただきました。
どんと祭を斎行するために様々な方々のご奉仕をいただいております。
お正月飾り等をただ置いてそのまま帰ってしまう人がいます。
危険なので車で入ってこないように張り紙をしてカラーコーンをおいていても、店舗で残った大量のお正月飾りを車で持ってきて、ただ置いて知らぬ顔のお店もあります。
せめて神社にお参りして、感謝の誠を捧げ、商売繁盛と職員の健康をお祈りすることはできないのでしょうか?
もちろん事前に「お願いします」と顔を出して言っていかれるお店や造園会社の方もいらっしゃいます。

さて、天気もよく午前中にちょっと時間の余裕もできたので白石城周辺を撮ってきました。
DSC02910.JPG

DSC02908.JPG

DSC02913.JPG
明後日は一年で一番寒いといわれる「大寒」です。
posted by 神明社 at 11:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
とりあえずひと段落ということで大役お疲れ様でした
どんと焼きでは今年もご苦労があったようでお察し申し上げます
それでなくても結構な量ですね
うちの近くの神社は小さいのでそちらとは規模がぜんぜん違いますが
こちらも消防車が来たり自治会の方々が準備を手伝ったりと
皆様の助けがあって今年もどんと焼きが無事斎行されました
都合がつかず参加出来ない方もおられると思いますが
神様はお正月だけでなくいつでもすべての方を
あらゆるところから見守っていらっしゃいます
いいこともわるいこともお見通しですね
Posted by 葉瀬伊極 at 2017年01月20日 15:15
葉瀬さま
コメントありがとうございます。
最近はどんと祭をするところ(寺院や自治会で行われていたところもあったのですが)が少なくなってきたこともあり、当社に納める方が増えたのかと推察しております。
ただ、神社に関係ないものもそれなり多いこともあります。
ある大先輩の神職様が「こちらで目くじら立てて気分の悪い思いをするよりも、ダメなものをもってきた人には後々何かが起こるから。」
と話されていました。
Posted by 禰宜 at 2017年01月21日 09:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178447489

この記事へのトラックバック