2019年01月10日

どんと祭について

昨日は強い風が吹きました。
今日は穏やかな白石です。
DSC_3908.JPG

DSC_3911.JPG

DSC_3912.JPG
今日も会社関係の新年のご祈祷や厄祓い等のご依頼がありご奉仕いたしました。
夕方の境内の様子です。

さて、14日はどんと祭を斎行いたします。
DSC_3907.JPG
このようにわかりやすい案内があるのですが毎年、読めない人がいます。
どんと祭に納められるのは、
神社関係の古い御札、御守、神社で頒布された縁起物(熊手、矢、ダルマなど)、古くなり入り用でなくなった神棚のお社、お正月飾り
です。

お寺関係の御札、御守等はお焚き上げの方法が違いますのでお寺にお返しください。

鏡餅は鏡開きで召し上がるものですで勝手な解釈でおいていかないでください。
お米を粗末にすると目に支障が…という伝承を小さいころに聞いたことはありませんか?
鏡餅が入っていたパックは行政の指示に従って処理してください。

人形やぬいぐるみ、カレンダー、年賀状、ペナントなどどんと祭には関係のないものですので、置いていかないように!
勝手な解釈で間違えた事をされて、後日ご自身やご家族に障りがあっても自業自得ですのでご注意ください!

物理的に燃えないものはどんと祭の御神火でも燃えません。
ご遠慮ください。

お正月飾り等を納めたら神社に参拝し、無病息災をお祈りください。
どんと祭は神事です!
posted by 神明社 at 17:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記