2018年09月18日

神宮大麻暦頒布始祭

すっかり秋らしい気候の白石です。
DSC00162.JPG

DSC00163.JPG
風が爽やかです。
あっという間に季節はうつりかわって行くので、この時期を大切にしたいところです。

さて、昨日(17日)は伊勢の神宮において「神宮大麻暦頒布始祭」が斎行されました。
各都道府県から神社庁長と事務方の神社庁職員、そして神職の代表が参列します。
宮城県内には19の支部あるのですが、今年は白石市刈田郡支部が当番ということで支部長の私が参列いたしました。
DSC_3265.JPG

DSC_3267.JPG
昨日の伊勢は好天で真夏のような気温でした。
まずは外宮にて御垣内特別参拝です。

続いて内宮にて御垣内特別参拝です。
DSC_3268.JPG
神社本庁統理、役員を先頭に約200名が列になって進みますので歩きながらの撮影は憚られ…宇治橋前で整列しているときの1枚です。

午前10時から内宮神楽殿にて神宮大麻暦頒布始祭が斎行され、続いて大々御神楽が奉奏されました。
DSC_3269.JPG

午後には神宮大麻暦頒布表彰式・秋季推進会議があり、私の役割はここまで。
前日(16日)夕方には神宮大宮司招宴がありましたので、私は月次祭を奉仕してから白石蔵王駅10時56分の新幹線に乗り、16時30分に近鉄の伊勢市駅に着きました。
白石から5時間半ほど、前もって近鉄の切符を手配しておけば乗り換えがスムーズなので5時間ちょっとで伊勢まで行けます。
世間は三連休。好天にも恵まれ伊勢神宮周辺はものすごい人でした。

まだ暑い日もありますが…年末年始の準備が始まります。
posted by 神明社 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記