2018年05月17日

第55回白角定期戦

昨夜からの雨も昼前に上がった白石です。
DSC09746.JPG

DSC09747.JPG
夕方の様子です。

昨日は気温が30℃まで上がりました。
そんな中、角田の地で第55回白石高校対角田高校の定期戦が開催されました。
今年は息子が白石高校に入学し、はからずも(近いから?)PTAの役員を仰せつかったので応援に行こうと思っていたのですが、昨日は大安吉日で様々お祓いのご依頼をいただいていたので行くことはできませんでした。
結果は白石8勝、角田3勝で白石高校の勝利だったそうです(^^)
(角田高校のホームページに詳しく速報が掲載されています)

定期戦前日の一昨日夕刻、生徒会執行部と応援団幹部、教職員の方々が恒例の必勝祈願にいらっしゃいました。
DSC_2662.JPG

DSC_2665.JPG
応援団も生徒会も女子率が高いです…。。。

校長先生も旧白石高校OB、一昨日校長先生の代理で参列された教頭先生もOB(私の3学年上)です。
準備の間、あれこれ当時のことが話題になりました。

私が入学する前年に総合で勝った白石高校と、最後の野球が雨でノーゲームとなりリードしていた角田高校とどちらが勝利の歌(角田高校は凱歌)を歌うかで一触即発になり、当時の白石高校の応援団長が羽織袴姿で土砂降りの中、土下座をして仲裁し事を収めたということがあったそうです。

また昭和50年代半ばには8勝1敗で総合勝利だったのですが、唯一負けた部の主将が翌日の報告会で涙ながらに全校生徒に詫び、その後奮起して県総体で優勝しインターハイに出場したということもあります。
先日、その年代の先輩と話が止まらなくなりました(^^;
どちらも今の在校生には伝わっていないようですが、我々世代には伝説です!

ニュース以外でテレビカメラが入ると白石高校が負けるというジンクスもあります。

それぞれの年代で話題となる白角定期戦も55回、いつまでも続いてほしい伝統行事です。
posted by 神明社 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記