2017年06月21日

夏至

曇り空…雨がぱらつき始めた白石です。
DSC04035.JPG

DSC04038.JPG
いよいよ梅雨入りでしょうか?
DSC04039.JPG

DSC04040.JPG
境内の紫陽花も咲き始めました。

今日は夏至です。
一年のうちでお昼が一番長い日です。
以前も書きましたが、この時期が神社としては仕事が少なくいろいろ他のことがやりやすいのですが夏至をむかえると…夏の盛りもまだなのに何故か年末年始を意識してきてしまいます(-_-)

神社的な仕事は少ない時期ですが、神社界の会合は多くなる時期でもあります。
昨日は「東北六県神社庁関係者連絡協議会」が仙台市で開催され開催当番県のいち支部長として出席してまいりました。
DSC_1332.JPG
「過疎地域の神社の現状と未来」という主題のもと、東北各県の実情と取り組みが報告されました。
過疎や人口減少は我々神職が何とかできるものではありません。
その中で氏子が少なくなっていく神社をどのように維持していくか…近い将来の切実な問題です。
DSC_1330.JPG
会議の後は懇親会…青年会もそうですが上の方々もお酒好きです^^;
約120名の参加者で宮城の銘酒が20升あったのですが、おひらきの前にはほとんど空になっていました^^;

神社界のどこも似たような現象で、40歳まで(45歳までのところもあります)の青年会が終わると50歳くらいになるまで神社庁の役職に就かない期間があります。
今回も青年会時代に私と同年代(現在40代半ば)で活動した方の参加は1〜2人でした。
ただ当時お世話になった先輩方は各県の中核となって活躍されております。
親しく懐かしくお話ができ、有意義な会議でした。
posted by 神明社 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記